ホーム->台湾語の勉強法->台湾語の勉強法

台湾語の勉強

中国語もそうなんですが、台湾語にも声調があります。 これをちゃんと発音しないと全く通じないはずなのですが、台湾語のほうがテキトーでも通じるような気がします。(うそでした・・・) 中国語のピンインのような教会ローマ字(これを知っている台湾人には一度も会ったことがありませんが)から勉強するのは普通の人には無理だと思います。

実際、人によって発音は一定ではなく、みんな自分の発音が正統だと主張します。

やっぱりこのサイトの動画を見るのが一番です!

主な台湾語の教科書

最近なんだか台湾語の本がどんどん増えていますね。全部は買っていませんが、感想を書いてみます。 でも、このサイトの動画をよく見てから読んだほうがいいと思いますよ。

はじめて勉強するにはこれがいい!でも、CDはそれぞれの文が、中国語、台湾語の順で入っているので台湾語だけを聞くにはちょっと不便。 言葉は生き物だと言っていますが、ほんとうですね。
でも、会社の同僚みんなに批判されたのは5-4(32p)「また明日。また来週。」の台湾語「ビン・ア・ザイ・ギン・ビン。アウ・レ・バイ・ギン・ビン。」 は『大変不自然なので絶対使わないでください』と言われてしまいました。これは中国語の直訳で台湾語にこのような表現はないとのこと。

他にもたくさんあります。

台湾語の本

私の好きな台湾語の歌。これが歌えればもうこのサイトは要りません。中国語の文字を台湾語読み(唐音)ができればオーケー。
「青春夢」カラオケ「青春夢」の歌詞
(例によってひらがなのルビを鋭意作成中・・・)