ホーム->台湾語の勉強法->英語の勉強

英語の勉強

台湾語や中国語の語順は英語にかなり似ているので、英語もできたほうが断然有利です。 私は何でもいいので同じものの音読をしつこく繰り返すのがいいと思っています。

実を言うと私は英語60%中国語30%日本語10%で仕事をしていました。(約4年間) 英語に関してはかなりの努力をしていますので推薦できる本はたくさん有ります。 また、ひとつ言えることは、他の国の人のほうがしゃべれるようになるのが速いですが、 いったんしゃべれるようになると、日本の学校で習ったことが役に立ってたくさんの単語が使えます。 本当は日本人の英語は高度だと思います。

あと、TOEICは技術です。たとえ900点取ってもしゃべれない人が殆どだと思います。 私もそうでした。しかし、始めは堂々とがんがん話すことによってしゃべれるようになります。 "You is my teacher." でもいいのです。堂々と話すとアメリカ人のほうが自信がなくなり、 こちらの言うことを一生懸命に聞いてくれた経験が度々あります。

英語の教科書

私が散々使った本を徐々に紹介したいと思います。

最初はこれ(のようなもの)を10回ほどやるといいでしょう。
英文法を気楽に勉強するのにいいです。
単語を増やすにはこれ。どんな話題にもついていけるようになります。 私は(古い版ですが)全頁ディクテーションしました。

この話題は尽きませんが、少しづつ増やしていきます。 ただし、本はいいものを少しだけ買って同じものを繰り返しやることを お勧めします。あっちもこっちもやると失敗すると思います。 それが終わったら、インターネットのニュースなどを 見ればいいと思います。お金をかければいいというものではありません。 あと「一週間でぺらぺら」などと謳っている本はお金の無駄です。 「聞き流すだけ」というのも同様です。 通信教育で空手の黒帯が取れると言っているようなものではないでしょうか。 甘く見ないでください。

英語の本

膨大すぎます!

(追記 by 2019/10/24) やっぱり、落ちました~。合格基準点2028点のところ、1890点でした。 ミスらなければ受かってたかもしれませんね。 なんか面白くなってきました。 受験料が高いのは習字の昇級試験みたいなものと考えればいいかもしれません。 でも、習字の場合は受かってからお金を払うので少し違いますね。 あと、ライティングの点数もあまりよくありませんでした。 理由はいろいろで私の英文は「あまり論理的ではない」らしいです・・・ それなら、採点官とサシで勝負しましょうか。

(追記 by 2019/10/21) 本日、英検1級の結果をインターネットで見ようかと思いました。 しかし、「受験データを提供」しないと1次試験の結果が見られないようです。 さらに、「よくある質問」の中に 「Q4) 受験票が届かず、受験できなかったので返金してほしい」 の回答は 「原則、検定料は理由の如何を問わずご返金は致しかねますので、予めご了承ください 」 となっています。9500円も払ったのだから受験票は書留を使って協会の責任で送っていただきたいです。 「こういう人たちに英語力を評価されたくない」 と思いました。英語検定協会の言うことは信用できません。
以前、「通訳ガイド試験」を受けたときも同じようなことがありました。あれは「ハローxxx」との癒着でした。 いまでは誰でも通訳をしていいので、 結局あの試験も無意味になりました。英検も同じ道をたどるのでしょうか。 ただ、受験のためのまじめな勉強はためになると思います。英語検定協会のみなさま、早く改心してください。 「徳不配位必有災殃」(徳の量が足りなければ、災難がやってくる)
いま家内が仕事から帰ってきたので言いつけたら「貴方はもうできるんだから受験する必要はないでしょう。 そんなお金があったら、私たちに美味しいものでも食べさせて!」と言われてしまいました。

(追記 by 2019/10/15) このページのAmazonのリンクがFirefox (on Windows 10) から見えなくなっています。 宅建士の試験勉強があるので追及する時間がありません。すみません。

(追記 by 2019/10/06) 2019年10月6日の「英検1級」は玉砕しました。リーディングは、裏をかいて得意の英作文から始めましたが、 得意になって長々と書いているうちにリーディングの時間が無くなり最後の10問ほどテキトーにマークしました。 リスニングでは気を取り直して放送の開始前にどんどん先読みして「これは楽勝!」と思いきや、放送が始まると これが異常に難しい。 8問目が終わったあたりで、「これはおかしい!」と問題冊子を見返したところ、なんと2ページ先を見ていました。 家でやる模試と実際では違うのですね。10年以上ぶりのテストだったので実際の感じを忘れてました。 まあ、これも実力のうちですね。 ただ、試験のための勉強は無駄にはならないと思いました。実際に以前より英語ができるようになりましたから。 機会があったらまた受けてみようと思います。

(追記 2019/09/19)2019年10月6日に「英検1級」を初めて受けてみます。「英検1級予想問題ドリル[5訂版]」(旺文社) というものを買ってみたところ、かなりマニアックな問題が多いですね。 リーディングはTIMEより難しく感じました。TIMEは写真があるから分かりやすいのかもしれません。 でも、受かるために勉強することに意義があると私は思います。受験料が9500円と高いですが。