ホーム->台湾語の勉強法->電子辞書

電子辞書

語学を勉強するには電子辞書は必需品です。 私は古いセイコーのもの 「SR-T5030」 をいまだに使用しています。 キーボードが打ち易く、起動がめちゃくちゃ速いです。(1秒以下!)中古でもあれば私はこれをお勧めします。 さらに、「広辞苑」「英日」「中日」「漢字源」などのボタンでも電源がオンになって直ぐに使えるんです! 贅沢を言えば発音記号と字体が切り替えられればいいのにと思います。ただし、「日中」辞書はしょぼいです・・・

最近のは機能が多いですが遅いですね。これは結構不満です。発音してくれる機能はピンインが分かっていれば ほとんど要らないと思います。例文全体ををきれいに読んでくれるなら欲しいですが。

今は定価3万円以上(カード式なら中国語カード込み)ならどれを買っても大体同じだと思います。 ちゃんと名のある辞書が丸々入っているものにしましょう。 広辞苑や漢字字典は結構使うので入っていたほうがいいでしょう。 英和・和英・英英・英語類語辞典は大体入っていて、結構使います。 漢字源は中国語の発音も入っているのでとてもいいです。 私はセイコーのキーボードが打ちやすくて好きです。 しかし、数年前に調査した限りは、セイコーでも起動時間に満足できるものは1台もありませんでした。

毎日使用していますが、機能が似たようなものなら、起動が速いという点が最も大切だと思います。とにかく、起動の速いものを選びましょう。

他の電子辞書の紹介はもう少し調べてから・・・

こちらで繁体字を調べるために 「無敵CD-879」 というのをNT$5998で買いました。 日中・中日の辞書はあくまでもおまけなのであまり良くないです。 やはり、日本のものは品質が最高にいいですね。 でも、2台を使いこなせば殆どの疑問は解決できます。 繁体字・簡体字、両方の発音記号、さらに英語も米国式・英国式、両方の発音記号に対応しています。

手書きの認識率はかなり良いので読めない漢字を(英語で)調べるには大変役に立ちます。しかし、起動が遅すぎます(7秒ほど!)電源をつないでONにしたまま使わないと、私はかなりフラストレーションを感じます。

台湾で2番目に買った機種。 「快譯通MD7100」 手書き認識はやや劣るが、起動時間は結構早いです。気に入ってます。